忍者ブログ
プロフィール
HN:
宗家 勝風  
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1976/03/03
職業:
流派宗家です
趣味:
もちろん「剣武」!
自己紹介:
 長崎の地で剣武(剣舞)道「勝風神刀流剣武術」の三代目宗家を務めさせていただいております三木 勝風と申します。
お弟子さん達と共に芸の高みを目指し、日々精進しております。
入門者募集中です!!
自己鍛錬として、また趣味・エクササイズとして、日本の伝統芸能である「剣舞」を共に身につけてみませんか?
小さなお子様からご年配の方まで、それぞれに合わせた指導を致します。
*見学も随時受付けております。

●大手町教室
●神の島教室
●式見教室

お問い合わせはこちらから



カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回は再び「剣武(剣舞)について」です。

その中でも、私自身が「宗家」という立場抜きで、一人の剣武(剣舞)が好きな人間として思う剣武(剣舞)の魅力を、当流派ホームページからの抜粋になりますが綴ろうと思います。


では、どうぞ。



私は剣舞が好きです!

 あまりにも唐突な表現ですが、本音です。 
実際私自身が宗家という立場になり、そのために考えることや悩むこと、苦労することは山ほど増えました。 しかしそれでも剣舞からは離れられません。
なぜ私がこのように思うに至ったか・・・
そんな私が思う「剣舞」の魅力を、芸事や伝統芸能という固い表現は抜きで述べさせていただきます。
 まずはやはり「刀を扱う」ということではないでしょうか。
ご存じの通り「刀(日本刀)」は武具として、また芸術品としても世界最高峰のものですし、すでに幼き頃より何かしらの憧れは有ると思います。 現に私自身も幼少の折、木製の刀を自作しチャンバラをやりました。 そんなささやかな希望や夢が現実になります。 しかもそれは飾りでもなければ見よう見まねの真似事でもない、まして単なる「舞い」と侮ってはいけません。一つ一つの動きは古来より伝わる武芸としての「理」に基づく技術なのです。
現代社会において、ほんのわずかでも(サムライ)」に近づけると思います。
なによりやっぱり「カッコいい!」

c6d4a1e0.jpeg

 そして少し付随することですが、「和装」に通じることができる!ということ。(基本男装限定ですが)
当然お稽古時や舞台では道着に袴、場合によっては袴下も着用しますので、自然と「着る」という技術が身につきます。 もちろん現代社会で日常的に街中を羽織袴で歩くことは少ないですが(私は平気です。 よく街中を和装で歩いてます。)己の技術として、自分で和装を着こなせるかそうでないかの差は大きいですよ。
これもまた「カッコいい!」

IMG_3145.JPG


 次に、望むのならば、そうして身に付けた技術を発揮する「場」がちゃんとあるということ。
これって結構大きいです! 最初の頃はあまり表舞台に立つのは苦手と思っていても、何か一つのことを一通り覚えると表現してみたくなるのが心情というもの。 当派を通じて各種大会やコンクールへの出場(なかには東京の国立武道館なんかもあります)も出来ますし、披露宴や祝賀会などのようなお祝いの席、神社などの神前における奉納の舞いなどでも日頃の鍛錬の成果を披露できます。 他の芸事ほど認知度は高くないかもしれませんが、その分逆に目立ちますよ。

IMG_5796.jpg


 そして、これはある意味「剣舞」のおける根幹の一つかもしれませんが、「目標」が常に存在する!ということ。
最初のきっかけは人それぞれでしょう。 刀に興味があるから・・・ 踊ることが好きだから・・・ 日本の文化に関心があるから・・・  目立ちたいから・・・  
それは何物にも拘束されない自由な意志であるべきです。 そして、それらの願望を叶えるために!、と心から思えるなら、それらは単なる「きっかけ」から立派な「目標」になります。
そして、その目標を追い続けるうちに自然とさらなる高みを望むようになります。 それが芸道であり、剣舞です。
芸道である剣舞に到達点はありません。 もし感じたのならそれは到達点ではなく、己が引いた限界点です。
ただ純粋に、まっすぐ己が思いを飽くなき探求心で追い続ければ、見返りや損得勘定ではなく、きっと本当の意味での自分自身の「人生の目標」になり得ることでしょう。



以上です。

いかがでしょう?
多少なりとも剣武(剣舞)に関心を抱いていただけたでしょうか?

芸事というものは須らく敷居が高く感じられ、一種独特の世界に思われがちです。

その全てを否定は出来ませんが、大事なことは個々人の気持ちです。

私も最初は先代宗家の舞姿が「格好いい~~!!」と思ったのがきっかけです。
(もちろんその頃は自分が宗家なんて立場になろうとは思ってもみませんでしたが・・・)

で、未だに心の中ではその時感じた「格好良さ」を追いかけ続けているのだと思います。


振り付けや型といったものは流派で決まってます。

しかし、心の中までは縛れません。


自由なきっかけ、自由なこだわり、自由な目標を強く持ち続け、人生における一つの道として・・・

剣武(剣舞)、いかがですか(^^


お問い合わせはこちらから
当流派ホームページに移ります







Let’s 剣武!!・・でポチッ!
     


ブログランキング・にほんブログ村へ      人気ブログランキングへ
PR
正直「今さら!」と思われるかもしれませんが、一応このブログを剣武(剣舞)紹介も兼ねたものとして変更しましたので、その中に「剣武(剣舞)の紹介」が無いのは本末転倒かと思いましたので、今さらではございますが剣武(剣舞)について簡潔にご説明しようと思います。

なお、文章については当流派のホームページより抜粋しております。



剣武(剣舞)とは?

 そもそも「剣舞」とは、端的に申しますと『刀剣(日本刀)を用いて舞うこと』になろうかと思います。 
そういった意味では大変歴史が古く、その端は奈良・平安時代まで遡りますし、神社などの神前において奉納として、また武将が士気高揚のために舞ったというお話もございます。

 しかしこれらは漢詩・和歌などに節(旋律)を付けて詠う「吟詠・詩吟」に合わせて、そこに含まれる情景や心情を刀剣と扇を用いて舞で表現する現在の剣舞とは幾分その趣が異なっております。
現在のような「かたち」になりましたのは江戸末期から明治初期の頃とされております。一説には江戸幕府直轄の学校であった昌平黌(しょうへいこう)の学生が酔って詩を吟じ剣を抜いて舞ったというお話がありますが、これはおそらく即興的なものであったようで、明治に入り榊原鍵吉が始めた撃剣興行の余興として行ったのが最初とされ、その後日比野雷風や長宗我部林馬などの先駆者の手により系統立てられたとされております。

 当然芸事でございますので、舞台上における芸術的要素を高めることを目的としておりますが、元来が武士の嗜みであった居合道や古武道をその基としておりますので、刀剣の扱いや服装、所作にはそういった点も重要視されております。刀剣・日本刀、そして扇という道具の他に、槍や薙刀なども用い、服装は基本的に袴姿に襷・鉢巻きとなっております。


お道具について
 
 剣舞におきましては「刀(打刀)」と「扇(舞扇)」の二つが基本といえます。
もちろん刀に関しては打刀の他に脇差や太刀も使用いたしますが、これはごく限られた場合であり、実際のところ打刀を以って代用するのが常でございます。
 この「打刀」とは、原型となるものは鎌倉時代に出来たとされるが現在の形になったのは室町時代以降です。 腰に差す際に刃を上向きにするもので(こうすることによってすぐに鞘から抜くことができる)、刀身が60㎝以上の大刀とそれ未満の脇差(小刀)とに分かれます(30㎝以上)。

katana.gif 

 実際のお稽古や舞台においてはこの打刀を模して造られた「模擬刀」というものを使用いたします。 しかし「模擬刀」とはいえ、刀身に刃が無いだけでそれ以外は真剣となんら遜色ありません。 ちなみに最近ではジュラルミンや軽量合金で作られた模擬刀がございますが、これらは重量感や重心などのように手に伝わる感触があらゆる面で真剣とは異なり、武芸としての側面を重んじる当派では仕様を認めておりません。なお、「真剣」の使用につきましては当派で定められた職格以上、並びに宗家の許可が必要となります。
 
 次に「扇」でございますが、ここでいう扇とは日舞で使用する「舞扇」のことでございます。基本的には流派指定、もしくは日の丸となっておりますが、近年は演じる詩吟の内容に合った柄を選んだり、お稽古時は無地もしくは簡素な柄のものをと、場面に合わせて使い分けを行っております。

oogi.gif

 この他に例えば「名槍日本号」や「本能寺」などでは「槍」を使いますし、他に「盃」や「笠」などのように、吟題に応じた小道具も用います。

yari.JPG



以上、かなり簡潔ではございますが剣武(剣舞)の説明でございます。

しかし、これらは本当にごく一部に過ぎず、本来剣武(剣舞)を言葉や文章で説明しようとすると膨大な量を要することになります。

御理解いただくには、実際に触れて、体験していただくことが一番かと思います。

剣武(剣舞)道は決して敷居だけが高い世界ではございません。

これを機に、「武」と「舞」が織りなす技の素晴らしさを多くの皆様に知っていただき、また共感して頂けると幸いでございます。







Let’s 剣武!!・・でポチッ!
     
ブログランキング・にほんブログ村へ      人気ブログランキングへ
  HOME
忍者ブログ*[PR]