忍者ブログ
プロフィール
HN:
宗家 勝風  
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1976/03/03
職業:
流派宗家です
趣味:
もちろん「剣武」!
自己紹介:
 長崎の地で剣武(剣舞)道「勝風神刀流剣武術」の三代目宗家を務めさせていただいております三木 勝風と申します。
お弟子さん達と共に芸の高みを目指し、日々精進しております。
入門者募集中です!!
自己鍛錬として、また趣味・エクササイズとして、日本の伝統芸能である「剣舞」を共に身につけてみませんか?
小さなお子様からご年配の方まで、それぞれに合わせた指導を致します。
*見学も随時受付けております。

●大手町教室
●神の島教室
●式見教室

お問い合わせはこちらから



カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
[14]  [15]  [16]  [17]  [18]  [19]  [20]  [21]  [22]  [23]  [24
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は1日オフでしたので、諏訪神社まで今度の剣詩舞コンクール九州大会に出場するお弟子さんにとって納得の舞台を務め上げることが出来るようにお願いに行ってまりました。


P1050412.JPG

時間帯のせいか閑散としている境内。


P1050415.JPG

昨日に引き続きあいにくの空模様でしたが、お参りの間は雨も止んでいてくれました。



審査員の評価や結果というものは私が計り知ることが出来るものではないですが、この半年間己が目標目指して頑張ってきたお弟子さんにとって、とにかく自分の舞に悔いだけは残すことのない舞台であることが私の祈りです。


それさえしっかりと出来れば、結果は自ずから訪れるでしょう。


でも、神様お願いしますね(^^









「独り言」をご覧の皆さまへのメッセージ・・・

 剣舞は決して敷居の高い世界ではございません。
 見学からでももちろん結構です。 
 ささやかな好奇心がきっかけでも結構です!
 もしこのブログで剣舞に興味を持っていただけたら、是非
 共に同じ「剣舞の道」の高みを目指し頑張りましょう!




剣舞ってそもそも何?」

剣舞についてもっともっと知りたい!!」

剣舞を実際にやってみたい!!!」


・・・という皆さまはどうぞこちらへ

      

当流派のホームページです。






にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ



勝風神刀流剣武術






PR
今日は剣詩舞コンクール九州大会前の最後の大手町教室のお稽古でした。

出場する本人はこれまでの積み重ねた努力に相応しい仕上がりを見せてくれました。


私達が歩む芸事の道には「ここまでで良い」という到達点の様なものはあり得ませんが、それでも今日彼女が見せてくれた姿は「代表」として誇らしささえ覚えるほどでした。


舞台そのものはもちろんですが、そこに至るまでに積み重ねてきた努力のなんと素晴らしいことか。


私自身その姿勢に尊敬の念さえ覚えます。


それに加え今日は一番弟子が本格的にお稽古に復帰。

そんなこんなの大手町教室の雰囲気に、どうやら私自身・・・・かなりムキになっていたようで・・・・


現在・・・肩が痛いのなんのって(+o+)


でも、痛みも含めて意外とこんな雰囲気嫌いじゃ無い私です(^^


さぁ、いざ福岡!!









「独り言」をご覧の皆さまへのメッセージ・・・

 剣舞は決して敷居の高い世界ではございません。
 見学からでももちろん結構です。 
 ささやかな好奇心がきっかけでも結構です!
 もしこのブログで剣舞に興味を持っていただけたら、是非
 共に同じ「剣舞の道」の高みを目指し頑張りましょう!




剣舞ってそもそも何?」

剣舞についてもっともっと知りたい!!」

剣舞を実際にやってみたい!!!」


・・・という皆さまはどうぞこちらへ

      

当流派のホームページです。






にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ



勝風神刀流剣武術






ちょっと今さらな感はありますが・・・

フェイスブック始めました!
(季節柄、冷やし中華始めました!みたい・・・)


あまりPC関係が得意な方ではありませんが、色んな形で多くの方に「剣舞」という日本特有の伝統文化を発信していけたら幸いです。

基本的にはホームページやブログ同様、日々のお稽古や行事予定、また剣舞というものに関する情報を載せていこうと思います。


是非フェイスブックの方もご覧ください。


→ 勝風神刀流剣武術Facebook

勝風神刀流剣武術







「独り言」をご覧の皆さまへのメッセージ・・・

 剣舞は決して敷居の高い世界ではございません。
 見学からでももちろん結構です。 
 ささやかな好奇心がきっかけでも結構です!
 もしこのブログで剣舞に興味を持っていただけたら、是非
 共に同じ「剣舞の道」の高みを目指し頑張りましょう!




剣舞ってそもそも何?」

剣舞についてもっともっと知りたい!!」

剣舞を実際にやってみたい!!!」


・・・という皆さまはどうぞこちらへ

      

当流派のホームページです。



昨日は午後から神の島教室のお稽古でしたが、以前美味しいパンを焼いてきてくれたお弟子さんが今回はメロンパンを作ってきてくれました。


本人&私の妻曰く、メロンパンは非常に手間がかかるとのこと・・・

日頃あまりメロンパン自体を食べない私ですが、これは別格!

DVC00091.jpg

甘さを抑え、かつ私好みの程良いしっとり感・・・最高です♪


調子に乗って危うく他の皆の分にまで手を出すところでした(^^;


とても美味しかったです! 御馳走様でした。




そして、夕方からは来年に踊り町を控えている八幡町さんのくんち同窓会にお弟子さん達と一緒に参加してきました。

P1050394.JPG
訳あって舞台上でさらしもの(笑)中の私です。

八幡町の皆さんとは時折青年団関係の集まりでお会いしておりましたが、この日は6年前の踊り町当番だった際に剣舞の子供の部で出演していた、当時は小学校低学年のみんなも来ていて、懐かしさ・嬉しさと同時にその成長ぶりに驚きました(゜o゜)ポカ~ン


月日の流れを痛感です・・・・

P1050400.JPG
あの頃出演した人たち・・・

あの頃はまだ小さかった人たち・・・・

影も形もなかった人まで・・・・



みんな大きくなったねぇ(^^


P1050402.JPG
お母さん方も集まるのは久しぶり。  御無沙汰してます。


ゲーム大会なども催され、実に楽しい時間を過ごさせていただきました。


八幡町の皆さん、本当にありがとうございました。





「独り言」をご覧の皆さまへのメッセージ・・・

 剣舞は決して敷居の高い世界ではございません。
 見学からでももちろん結構です。 
 ささやかな好奇心がきっかけでも結構です!
 もしこのブログで剣舞に興味を持っていただけたら、是非
 共に同じ「剣舞の道」の高みを目指し頑張りましょう!




剣舞ってそもそも何?」

剣舞についてもっともっと知りたい!!」

剣舞を実際にやってみたい!!!」


・・・という皆さまはどうぞこちらへ

      

当流派のホームページです。




にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ





剣武からは完全に脱線した話題ですが、先日頂きました梅を使って人生初の梅酒造りに挑戦しましたので、その時の風景をちょっとご報告。


頂きました梅を軽く洗って、水に1時間ほど付けてあく抜きです。

P1050369.JPG

梅干しが得意ではない私ですが、ほのかに香る梅の匂いは良いものです(^^


あく抜き後、梅を水気が飛ぶまで乾燥させます。

P1050372.JPG

その間に必要なものを買い揃えてきました。

さて次は“へた”を取ろうか!!と思ったら、既に“へた”は全て取れてました。

握りしめていた竹ぐしが空しい・・・・・


容器をしっかりと洗い、中をホワイトリカーで消毒した後、いよいよ入れていきます。


P1050376.JPG

ここからは娘も参戦!!

梅と氷砂糖を交互に入れていき、最後にホワイトリカーを注ぎ入れます。

P1050378.JPG

完成です・・・・・と言いたいところですが、飲めるようになるのは早くても3カ月後、美味しく飲むなら1年後。


梅酒造りはそのほとんどが根気ですね。


まして日常的に梅酒を飲まない私・・・・


とにかくこのままひたすら待機です(^^









「独り言」をご覧の皆さまへのメッセージ・・・

 剣舞は決して敷居の高い世界ではございません。
 見学からでももちろん結構です。 
 ささやかな好奇心がきっかけでも結構です!
 もしこのブログで剣舞に興味を持っていただけたら、是非
 共に同じ「剣舞の道」の高みを目指し頑張りましょう!




剣舞ってそもそも何?」

剣舞についてもっともっと知りたい!!」

剣舞を実際にやってみたい!!!」


・・・という皆さまはどうぞこちらへ

      

当流派のホームページです。




にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ





←←   前のページ    次のページ   →→
忍者ブログ*[PR]