忍者ブログ
プロフィール
HN:
宗家 勝風  
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1976/03/03
職業:
流派宗家です
趣味:
もちろん「剣武」!
自己紹介:
 長崎の地で剣武(剣舞)道「勝風神刀流剣武術」の三代目宗家を務めさせていただいております三木 勝風と申します。
お弟子さん達と共に芸の高みを目指し、日々精進しております。
入門者募集中です!!
自己鍛錬として、また趣味・エクササイズとして、日本の伝統芸能である「剣舞」を共に身につけてみませんか?
小さなお子様からご年配の方まで、それぞれに合わせた指導を致します。
*見学も随時受付けております。

●大手町教室
●神の島教室
●式見教室

お問い合わせはこちらから



カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
[109]  [108]  [107]  [106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99
今日はお稽古の日でした。

12月5日の大舞台後はもちろん、その前の12月1日以来久々の稽古ですし、宮崎組のうち1名はこの12月1日は水ぼうそうでお休みしましたから、剣士がフルに揃うのは本当に本当に久方ぶりでした。


その宮崎組には、当日私が見ることが出来なかったからという理由で、舞台で舞った「白虎隊」を本番同様に披露してもらいました。


・・・・
・・・・・
やはり数十回のお稽古より、たった一度の舞台です。

二人はそれまで私が知っていた二人ではなく、大舞台を全うし見事に成長を遂げた姿でした。


技や力量が簡単に伸びることはありません。
それには幾重ものお稽古しかありません。

しかし、この日の二人にはそれとは違う、完全に一皮むけた「雰囲気」を纏っていました。
これはお稽古だけでは身に付きません。
あらゆる「経験」のみが成し得るものです。


二人は私が居なくてもちゃんと宮崎の舞台で「何か」を感じ、掴んできてくれたんですね。
ちょっとウルッときましたよ(やっぱり私は老けましたね)


この二人を含め、私には3人しか弟子がおりません。
しかしこの3人は私に最高の可能性を見せてくれます。

この可能性が私に妥協ではなく挑戦という道しるべを与えてくれ、指導者として限りない「欲」を湧き起こしてくれます。


師は弟子を育て、弟子によって師は育てられる・・・

まさにその通りです!

このお弟子さん達と、その最高の可能性と共にさらなる高みを目指し頑張ろう!と改めて思いました。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字