忍者ブログ
プロフィール
HN:
宗家 勝風  
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1976/03/03
職業:
流派宗家です
趣味:
もちろん「剣武」!
自己紹介:
 長崎の地で剣武(剣舞)道「勝風神刀流剣武術」の三代目宗家を務めさせていただいております三木 勝風と申します。
お弟子さん達と共に芸の高みを目指し、日々精進しております。
入門者募集中です!!
自己鍛錬として、また趣味・エクササイズとして、日本の伝統芸能である「剣舞」を共に身につけてみませんか?
小さなお子様からご年配の方まで、それぞれに合わせた指導を致します。
*見学も随時受付けております。

●大手町教室
●神の島教室
●式見教室

お問い合わせはこちらから



カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
[23]  [24]  [25]  [26]  [27]  [28]  [29]  [30]  [31]  [32]  [33
今年もいよいよ押し迫ってきましたね。

12月になってからは本当にあっという間にココまで来たような気がします。

26日には大手町教室のお稽古納めが終わり、今度の土曜29日には神の島教室のお稽古納めを残すばかりとなり、これで当流派今年の全ての日程を終えます。


思えば今年も色んなことがありました。

毎年毎年、今年はこれからにとっての節目の年だったかも・・・という思いを抱いてきましたが、相も変わらず今年も同じ気持ちです。

様々な出来事があり、経験があり、成長があり・・・

良いこと・・・悪いこと・・・


あっという間に過ぎたような気がしても、それでも1年という時間は濃密です。

むしろ濃密に過ごせたことは幸福なのかもしれません。


ただ時間を怠惰に過ごし、その時々に変化を感じず、淡々と過ごしてしまう・・・

恐ろしいですね。


今年の経験や成長の真価は今この瞬間ではなく、来年以降にこそわかります。


表ばかりを装っても、裏側は結局は見透かされるもの・・・

うぬぼれは結果的に技術ばかりだけでなく己自身の価値も落としてしまう・・・


一門の皆さん、今こそ改めて自分自身を引き締める時です。


今年という時間に真の意味を持てるように・・・

これからに繋がる道になるように・・・











「独り言」をご覧の皆さまへのメッセージ・・・

 剣舞は決して敷居の高い世界ではございません。
 見学からでももちろん結構です。 
 ささやかな好奇心がきっかけでも結構です!
 もしこのブログで剣舞に興味を持っていただけたら、是非
 共に同じ「剣舞の道」の高みを目指し頑張りましょう!




剣舞ってそもそも何?」

剣舞についてもっともっと知りたい!!」

剣舞を実際にやってみたい!!!」


・・・という皆さまはどうぞこちらへ

      

当流派のホームページです。












PR
本日は二十四節気の一つ、冬至ですね。

一年で最も昼が短く、夜が長い日ですが・・・今日はあいにくの雨模様。
実感するのは無理のようです。

ですが、一応夕食ではカボチャを頂き、柚子湯に入る予定です。

こういった古くからある慣習はいろんなこじ付けなどを理由にしている部分がありますが、それでも両者とも体には良いものですし、なにより誇るべき日本の「文化」です。


昔の人もかたちこそ違っても、同じような時の過ごし方をしていたんだろうな・・・などと思いをはせつつ、日本文化に触れようと思います。

昨日は松浦市文化会館で行われた「しおかぜ総文祭プレ大会 吟剣詩舞部門」にお弟子さんと共に行ってまいりました。

P1040858.JPG


予定より早めの会場入りでしたが、それでも既に館内は準備のために慌ただしく動く高校生でごった返しており、その間を学校の先生方が走り回っておりました。

この日は午前中から更衣室の利用やリハーサルに至るまで分刻みでスケジュールが組まれておりましたが、そこは学生たちにとっても初めてのこと。 なかなかスムーズにいくはずもありませんが、その点は衣装部がしっかりと動いてくれたので、お弟子さん自体の準備が滞りなく進んでくれたのは有難かったです(^^


多少の変更などもありながら予定は進行し、後は本番を待つばかり。


お弟子さんは賛助出演の10番目。

剣舞としては最後になります。


私もギリギリまで舞台そでで一緒に待機しておりました。

やはり出演前は緊張するものですが、それなりに場数をこなしてきてくれているだけあって、そうした雰囲気の中でもちゃんと自分自身をしっかりと保っているお弟子さんの姿は嬉しかったです。

ですから私も最後はお弟子さん本人に託し、客席の方へ移動。
しっかりと流派今年最後の舞台納めを目に焼きつけました。

shiokaze2.JPG

見事に今年1年を締めくくってくれました。

初めての大会ではありましたが、実に意義深く、また色んな意味で実り多きものになったと思います。

関係各位ならびに高校生のみなさん、また立派にお役目を果たしたお弟子さん、そしてその舞台を見事に支えてくれた衣装部・・・本当にお疲れさまでした。










「独り言」をご覧の皆さまへのメッセージ・・・

 剣舞は決して敷居の高い世界ではございません。
 見学からでももちろん結構です。 
 ささやかな好奇心がきっかけでも結構です!
 もしこのブログで剣舞に興味を持っていただけたら、是非
 共に同じ「剣舞の道」の高みを目指し頑張りましょう!




剣舞ってそもそも何?」

剣舞についてもっともっと知りたい!!」

剣舞を実際にやってみたい!!!」


・・・という皆さまはどうぞこちらへ

      

当流派のホームページです。











明日は松浦市でしおかぜ総文祭吟剣詩舞部門のプレ大会が行われ、私どもからも1名賛助出演いたします。

この舞台は私ども流派にとっても今年最後のもの。

舞台納めでございます。


私は一足先に今日の夕方から現地入りし、流派としての本年の締めくくりであり、またお弟子さんの晴れ姿に対し、しっかりと備えようと思います。


松浦市自体は私も訪れるのが初めての場所。

長崎からは車で2時間強の道のりとの事。


ひとまずは安全運転で行ってまいります(^^ゞ









「独り言」をご覧の皆さまへのメッセージ・・・

 剣舞は決して敷居の高い世界ではございません。
 見学からでももちろん結構です。 
 ささやかな好奇心がきっかけでも結構です!
 もしこのブログで剣舞に興味を持っていただけたら、是非
 共に同じ「剣舞の道」の高みを目指し頑張りましょう!




剣舞ってそもそも何?」

剣舞についてもっともっと知りたい!!」

剣舞を実際にやってみたい!!!」


・・・という皆さまはどうぞこちらへ

      

当流派のホームページです。











先日発行されました長崎市の広報誌「広報ながさき12月号」の「フォト!ホット!HOT!」のコーナーに、10月に式見中学校で行われた「式見・長崎市編入50周年記念式典ならびに式見ふるさとまつり」の事が取り上げられており、そこの中で私どもが務めさせていただいた舞台の写真も掲載されておりました。


演目は私と細田 勝星で舞った「富士に祈る」の一場面。

ちょうど正面からのアングルで決めを捉えています。

H24kouhou.n.jpg

左下の写真ですね。


思いもよらぬこととはいえ、実に光栄なことです。


こういったことも私たちにとっては大きな励みとなり、また次の舞台への意欲になってくれます。


・・・この写真欲しいな・・・(^^








「独り言」をご覧の皆さまへのメッセージ・・・

 剣舞は決して敷居の高い世界ではございません。
 見学からでももちろん結構です。 
 ささやかな好奇心がきっかけでも結構です!
 もしこのブログで剣舞に興味を持っていただけたら、是非
 共に同じ「剣舞の道」の高みを目指し頑張りましょう!




剣舞ってそもそも何?」

剣舞についてもっともっと知りたい!!」

剣舞を実際にやってみたい!!!」


・・・という皆さまはどうぞこちらへ

      

当流派のホームページです。










←←   前のページ    次のページ   →→
Copyright(C) 宗家 勝風   All Rights Reserved.
忍者ブログ*[PR]
blogdesigned by 福井めい