忍者ブログ
プロフィール
HN:
宗家 勝風  
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1976/03/03
職業:
流派宗家です
趣味:
もちろん「剣武」!
自己紹介:
 長崎の地で剣武(剣舞)道「勝風神刀流剣武術」の三代目宗家を務めさせていただいております三木 勝風と申します。
お弟子さん達と共に芸の高みを目指し、日々精進しております。
入門者募集中です!!
自己鍛錬として、また趣味・エクササイズとして、日本の伝統芸能である「剣舞」を共に身につけてみませんか?
小さなお子様からご年配の方まで、それぞれに合わせた指導を致します。
*見学も随時受付けております。

●大手町教室
●神の島教室
●式見教室

お問い合わせはこちらから



カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
久方ぶりの更新です。

11月14日に鹿児島県姶良市で開催された「平成27年度国民文化祭かごしま2015 邦楽の祭典」に出演してまいりました。


会場となった姶良市文化会館加音ホールは実に素晴らしいところで、長崎県総連を代表する吟詠の大先生方とご一緒に同会に参加できたことは本当に有意義なものでした。


関係各位ならびにご協力いただいた皆様に心より感謝申し上げます。










PR
本日無事に剣詩舞コンクール長崎県大会が終了しました。


各々の結果、各々の出来はそれぞれですが、みんな本当に自分たちの責任を立派に果たしてくれたと思います。


私はそんなみんなが心から誇らしいです。



本当にお疲れ様でした!
事後報告になりますが・・・

去る10月26日に式見ふるさとまつりに一門ほぼ総出で出演してまいりました。

同催しは私の師匠であった先代の頃よりずっと参加しており、私自身やほとんどのお弟子さんたちの初舞台はココ。


一つに自治体のお祭りですが当派にとっては特別な存在です。

今回は先輩後輩を色んな形で組み合わせ、ある意味「新しい試み」として考えていましたが、皆さんそれぞれしっかりと自分の役目を果たし、あっという間でしたが実に印象深い1日となりました。


1曲目「富士山」



2曲目「泉岳寺」



3曲目「廬山の瀑布を望む」



4曲目・詩吟部「弘道館に梅花を賞す」



5曲目「逸題」



ラスト・全員による「太田道灌蓑を借るの図に題す」




参加された皆さん、そしてそれを朝早くから支えて下さった保護者・関係者の皆さん本当に有り難うございました。




このところ公私ともに何かと慌ただしい日々で、それこそこのブログも更新どころかまともに目を通すことも出来ませんでしたがっ!!


そんな中で実に嬉しい出
来事がありました(^^



先日お弟子さんが増えたばかりの大手町教室に、また新しい仲間が増えることになった!んです♪ 


これで大手町教室は3ヵ月連続です。



きっかけは私が作った流派のホーム
ページから(^^♪ ←ココ大事!




今はまだ受け入れに右往左往の状態ですが、この有り難い巡り合わせをしっかりと活かしていけるように再々度初心に立ち返り共に頑張って参ります!






「独り言」をご覧の皆さまへのメッセージ・・・

 剣舞は決して敷居の高い世界ではございません。
 見学からでももちろん結構です。 
 ささやかな好奇心がきっかけでも結構です!
 もしこのブログで剣舞に興味を持っていただけたら、是非
 共に同じ「剣舞の道」の高みを目指し頑張りましょう!




「剣舞ってそもそも何?」

剣舞についてもっともっと知りたい!!」

「剣舞を実際にやってみたい!!!」


・・・という皆さまはどうぞこちらへ

      


当流派のホームページです。




勝風神刀流剣武術







式見ふるさとまつり
どうにか無事に終了いたしました。


そもそも私が到着が一番遅い!ということから始まり、あれやこれやトラブルめいたことはありましたが、それでもお弟子さんたちや保護者のみなさんの頑張りを考えれば充分お釣りがくるほどの内容でした。



初めての一人舞台!





ぶっつけ本番の地吟と剣武の共演!






完ぺき初舞台!







それらをサポートすることになったお母さんたち・・・



いろんなお初尽くしの今回でしたが、それぞれがしっかりと自分たちの責任を務めあげてくれました。





兎にも角にも一年の締めくくりに相応しい良き舞台でした!



本当にお疲れ様でした。



←←   前のページ  HOME  次のページ   →→
忍者ブログ*[PR]