忍者ブログ
プロフィール
HN:
宗家 勝風  
年齢:
41
性別:
男性
誕生日:
1976/03/03
職業:
流派宗家です
趣味:
もちろん「剣武」!
自己紹介:
 長崎の地で剣武(剣舞)道「勝風神刀流剣武術」の三代目宗家を務めさせていただいております三木 勝風と申します。
お弟子さん達と共に芸の高みを目指し、日々精進しております。
入門者募集中です!!
自己鍛錬として、また趣味・エクササイズとして、日本の伝統芸能である「剣舞」を共に身につけてみませんか?
小さなお子様からご年配の方まで、それぞれに合わせた指導を致します。
*見学も随時受付けております。

●大手町教室
●神の島教室
●式見教室

お問い合わせはこちらから



カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
[143]  [142]  [141]  [140]  [139]  [138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [133
個人的な事情により、私がそろそろ力尽きそうなので、そうなる前に今日のことを報告いたします。


本日はお弟子さん達と共に東彼杵町総合会館で行われた「少年少女吟剣詩舞発表会」に参加してまいりました。

IMG_4793.JPG

予想以上に参加者が集まり、総勢60名以上の舞台になりました。

ほとんどが吟詠の方達で、剣詩舞はごくわずかでしたが、それでもこれだけお弟子さん達と年齢の近い人たちが集まる機会もそんなにありません。

当初の予想よりも期待の持てるモノになりそうです。


(うおおぉぉぉ、  強烈な眠気がぁぁぁぁ)


学年順で進めた進行により、お弟子さん達は全体で6番目に出演しました。

会場の舞台は最初に聞いたよりは広いものの、それでも3人の群舞には手狭・・・
でも、式見荘でさらに狭い舞台でお稽古してきた彼女たちにとってむしろ余裕がある感じ(^^


伸び伸びと舞ってくれました。
42.JPG

内容としては・・・

それぞれ何かしらの感触と課題を掴んでくれていれば・・・最高です。

そもそも今日の舞台は「評価」というものが必要の無い場所でした。
しかし、それでも今日の経験は、やはり経験です。

この1回の舞台をしっかりと自分の成長の糧に出来るのであれば、それだけの意味があります。

きっと次のお稽古で彼女達はそれを証明してくれることでしょう。


個人的には、突っ込みどころは確かにありますが、お稽古の際に私が言っていたことをキチンと舞台の上で応えたことは大変嬉しかったですし、確かな成長を感じました。


この先のお稽古次第で、今日の評価は変わりますが、今の時点では良くやってくれたと思います。

私も会場で誇らしかったです(^^



そして、今日の舞台を成立させるために尽力して下さったお母さん方。
急な舞台の開催決定や直前の変更で大変ご迷惑をおかけしました。

しかし、お母さん方のお陰で、お弟子さん達は今年最初の舞台を滞りなく務めることが出来、更にちゃんと成果にも導いてくれることと思います。

改めて流派の代表としてお礼申し上げます。

本当にありがとうございました。


またこれからもよろしくお願いします(^^




一門の皆さん、本日は本当にお疲れさまでした。






もう限界・・(--zzzz・・でポチッ!
     
ブログランキング・にほんブログ村へ      人気ブログランキングへ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
お疲れ様でした。久しぶりに着付けと化粧をして、去年の東京大会のことを思い出しました。体で感覚を覚えているんでしょうね。母なりに満足した着付けを子供達にしてあげる事ができましだ。かなり怖い姉からも苦情が来なかったし・・・{着付け次第では踊りにくいんだそうです。}今日のステージで我が家の子供達はコンクールに向けて意欲満々になってました。子供達が頑張る限り両親ともども支えて行きます。コンクールまで一ヶ月!宜しくお願い致します。姉妹は「勝ちた~い!」と吠えてます。気合いれて頑張るそうですよ!剣武を習わせている以上、子供達の、この意欲は嬉しいものですね。
姉妹の成長を見守る母 2011/03/21(Mon)19:29:24 編集
>姉妹の成長を見守る母さんへ
姉妹の成長を見守る母さんも本当にお疲れさまでした。 着付けは私も違和感を感じないくらいに良かったと思います。 大舞台の経験が生きてますね。プレッシャーになるかもしれませんが、確かに「着付け」は舞い手にとってかなり大きな影響を与えるものです。 そのことがわかるからこそ「姉」は怖いくらいにこだわるんですよ。
でも、そんな重要な部分だからこそ「母」がやってあげることに価値があると思います。 ですから、敢えてこれからも厳しくチェックしていきます。 すっかり「母」は舞台に欠かせない存在になってますよ(^^
さぁ、残りの時間、とにかく悔いだけは絶対に残さないように・・絶対に残させないように・・・姉妹の意欲に応えるように・・・私も頑張ります。 母娘共に覚悟しておいて下さいね。
宗家 2011/03/21(Mon)21:00:26 編集
今一??
着付けに付いて、今一の、母。娘もきっと不安なはず。いくら習っても覚えてない!!どう言う事?・て感じ。やはり覚える脳力落ちてる??それにしても、昨日の、お稽古の時間、詩吟部の、お稽古に負けない位の、宗家の声。とても口内炎出来てるとは、思えない程でしたよ!!毎回のように、大きな声で、檄を飛ばす宗家、それに答える弟子!!どんな顔で稽古しているのか??内の娘の顔は・・・想像できます・・・多分・・あんな顔!!後本当に1ヶ月になりましたね。楽しみでもあり、不安でもあり・・・複雑な気持ち。自分も、舞台に上がる怖さを味わってからは、より一層緊張が伝わってきます。でもこの子達は、凄いと、思います。ぶたいに立つ事を、楽しみにしている様にも感じます。と言うか、楽しんでる。これは、大人には,中々出来ませんよね!!そういう娘達を、私も、頑張って見守っていかなければ!!宗家・・暫く口内炎治らないかも~~~!!
プリティママ 2011/03/24(Thu)21:35:55 編集
>プリティママさんへ
プリティママさん、御心配には及びません。
舞いにせよ、着付けにせよ、芸事に関することは全て、いつまでたっても「物足りない!」という感じがあるものです。 それは現状で満足せず、常に更なる上を目指している証拠。 もし「これで自分は最高!」なんて思ってしまうと、自己満足で終わってしまい、それ以上に昇れなくなります。  それに今プリティママさんがやっていることは、誰でも出来るというものではないことです。 「和装の着付け」と聞いただけで普通はビビりますよ(^^
今のままの感覚で良いんです! 間違ってません!その思いを忘れず、途中で挫けなければ大丈夫です! 
「娘」は強くなりましたよ(^^
今にして思えば、私が睨みつけながらあんな声で注意したら、普通の小学2年生だったら泣きだすかも・・・
でも「娘」はそんな弱さは一切見せません。 私の声に負けない・・むしろそれ以上の意地を自分の舞いで応えようとしています。先日のお稽古最後の舞いは凄く引き締まった、凛々しい表情でした。
これだったらコンクール本番が終わるまで口内炎が治らなくてもなんとか我慢できそう・・・多分(^^
宗家 2011/03/24(Thu)22:42:28 編集
Copyright(C) 宗家 勝風   All Rights Reserved.
忍者ブログ*[PR]
blogdesigned by 福井めい