忍者ブログ
プロフィール
HN:
宗家 勝風  
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1976/03/03
職業:
流派宗家です
趣味:
もちろん「剣武」!
自己紹介:
 長崎の地で剣武(剣舞)道「勝風神刀流剣武術」の三代目宗家を務めさせていただいております三木 勝風と申します。
お弟子さん達と共に芸の高みを目指し、日々精進しております。
入門者募集中です!!
自己鍛錬として、また趣味・エクササイズとして、日本の伝統芸能である「剣舞」を共に身につけてみませんか?
小さなお子様からご年配の方まで、それぞれに合わせた指導を致します。
*見学も随時受付けております。

●大手町教室
●神の島教室
●式見教室

お問い合わせはこちらから



カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
[3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
昨日は大手町教室のお稽古でした。

実は私、先日から舌に口内炎が出来てしまい、会話や飲食の度に激痛が走っておりました。


よりにもよって場所が「」ですから、何をしても痛い(--;

『今日のお稽古はあまり大きな声は出せないな・・・』
などと思いつつ、お稽古に行ったのですが・・・・



有難いことに、お弟子さん達は気合い十分!
いつにも増してやる気をビシビシ感じさせてくれます。


そんな燃えている姿を見てしまうと、これまたすぐに火が付きやすい私のハートもあっさり点火してしまい、気付くといつも以上に大声で・・・・


「★〇△×%□~~!!(←大声で指導中)


『イタタタタッ(*0*)』(←心の声)


「★〇△×%□~~!!(←大声で指導中)


『イタタタタッ(*0*)』(←心の声)

・・・・
・・・・・


(以下、繰り返し)




かくして、お稽古が終わるころには私の舌は軽~く麻痺状態(汗)


でも、これもお弟子さん達の気合いを感じることが出来たからこそ・・・
その気合いが本物だから、ついつい呼応してしまったからこそ・・・

そう思うと、口内炎の痛みもちょっと幸せに感じます(^^


さぁて、残りもいよいよ1ヶ月あまりになってきました。

前奏後奏も繋がって、ようやく1曲が完成!

ここからは自分の力で、「自分らしい舞い」、「自分自身の舞い」を作り上げなければいけません。

みんな今までのお稽古で、それぞれ素晴らしい「原石」に成長しました。
今度はそれを磨きあげて、最高の輝きを放つ宝石にする時です。

残された時間、ひたすら己を研ぎ澄ませなさい。

そして、誰よりも光り輝きなさい。

先生はしっかりとその姿を見届けてあげます。






気合いがあれば口内炎なんて・・・・・い、痛い(--;・・・でポチッ!
     
ブログランキング・にほんブログ村へ      人気ブログランキングへ
PR
本日は自慢話です。


かなりご機嫌でこのブログを書いているので、調子に乗ってます(^^



実は私、3月3日が誕生日でした。

しかし、かなり個人的なことですので、敢えてこの場には書きませんでした。

それに我が家には娘が居て、生まれてからというもの3月3日は完璧にお雛様の日になってしまい、私の誕生日はかなり陰日向の存在と化していました。

ですから、既に自分が一つ年をとった!なんてこともすっかり頭から抜けていた今日、式見でお弟子さん達と特別自主錬だったんですが、始める前に何やらお弟子さん達から手渡されたものが・・・


な・なんと!

P1020565.JPG

見開き型の色紙にデコレーションした写真と、おめでとうのメッセージがびっしりと書かれた寄せ書きです♪


今だから書けますが、貰った時すごく感動してしまって、なんか顔の真ん中あたりから「ゾワゾワゾワ~~~~」という感覚が体中に広がる感じがして、とにかくメチャクチャ嬉しくて・・・・

みんなが居なかったら泣いたな(^^


自慢します!

自慢宣言します!!

私は幸せです!

有難い!!  嬉しい!!!

うわあああああああああああ♪(^◇^)

P1020562.JPG
心優しきお弟子さん達(^^
真ん中は私の娘。





お弟子さん達へ


ありがとう。
本当にありがとう。

先生は嬉しいです。
心から嬉しいです。

この歳になって、こんなかたちで幸せな思いを出来るなんて思ってもみなかった。

この歳になって、自分の誕生日が思い出になるなんて思ってもみなかった。


みんな・・・

先生頑張るよ!

みんなのために一生懸命頑張る!

みんなが進む道は先生が作って見せる!



みんなの優しさに、先生は「指導」でしか応えてあげられない・・・

だから、最高の先生目指して頑張る!

まだまだ未熟だけど、頑張る!!



共に高みを目指し・・・

そして共に昇ろう!


みんな、本当にありがとう。






うわぁ、ビールが美味い・・でポチッ!
     
ブログランキング・にほんブログ村へ      人気ブログランキングへ
私の信念として、剣武やお稽古に関しては大人と子供の区別は一切付けないことにしています。

しかし、今回はどうしてもその「」を感じることがありました。


今日はお稽古日で、前回も書いたとおりコンクールまで残り2ヶ月を切り、実はこれは以前から密かに考えていたことですが、振り付けをちょっと全体的に変えました。


なんで今さら!と思われるかもしれませんが、ちゃんとした理由はあります!
・・・秘密ですが(^^


で、舞い手からすると実に迷惑であろう私の指示に、お弟子さんたちは見事にそれぞれの持ち時間である1時間で切り替えて対応してきたんです。


記憶力、応用力、対応力・・・実に様々な力が必要とされる場面で・・・



帰宅しながら詩吟部の部長とも話しましたが、これが大人だったら無理だろうね・・と思います。
子供だからこそなんでしょう。



改めて自分のお弟子さんの持つ「可能性」に驚かされ、ついでに私の心の中の「火力」がガツンと増えた感じです(^^

燃えてきました!



オイラに触ると火傷しちゃうよ・・でポチッ!
     
ブログランキング・にほんブログ村へ      人気ブログランキングへ
コンクール本番までいよいよ残すところ約2ヶ月!

今回の振り付けは今までに比べ圧倒的に「手」が多い。

当然これまでも同じ絶句4行詩で舞ったことがありますが、長さが同じなら「手」が多い方が大変に決まっています。


ですからお弟子さん達も今回は、振り付けを「通し」で覚えることに大変苦戦したことでしょう。


作った私本人でも今回は「冒険」だ!と自覚するほどでした。

でも、私には不安はありませんでした(^^


お弟子さんたちはきっとモノにしてくれるはず!という確信だけは心の中にしっかりありました。
で、振り付けを覚えるということに関して、私の中に設定していたタイムリミットが今日のお稽古、つまりちょうどお稽古期間の半分である2ヶ月間でした。


間に合ったかどうかという点について言えば、彼女たちは「1日」余裕を残して届きました。
つまり今日に関しては「覚えている」という前提でのお稽古が出来た!ということです。



手前味噌になりますが「さすが!」です(^^


さて、だからといって安心してばかりもいられません。

今までは敢えて言うなら準備運動。
今回はここからが本当の山場です。


覚えたことを身に付け、そしてそれを己がモノにし、更に高める!


これが大変なんです。

これについては、ココまでで良い!というものがありません。
ひたすら追い求めるしかなく、しかもちょっとした気の緩みや油断は、あっさりと・・・しかし残酷に技術を低下させます。



『上手くなるには無限の時を必要とし、下手になるなら1日も要らない・・・』


今考えた自称「名言」です(^^


ここからの高く、そして険しい壁に彼女たちは苦しむかもしれません。

でも、ここでもう一つ確信があります。
他の人なら無理かもしれません・・・でも彼女たちは乗り越えます。
理由は要りません。

お稽古している姿を見てきている私だから断言できるんです。


そんな期待を確信を持って抱かせてくれる・・・


さぁて、残り2ヶ月!
イケるところまで! 昇れるところまで・・行ってみようか!!





いけいけGO!GO!でポチっ!!
     
ブログランキング・にほんブログ村へ

土曜日は基本的に私自身のお稽古日としています。


そして、先日の土曜ですが、お稽古場にお弟子さん達がやってきました。

目的はコンクールに向けた特別稽古のため!


この日に関しては私から何かしらのアプローチで誘ったのではなく、お弟子さん達からの希望でした。
気持ちが前向きな証拠ですね(^^


もちろん、本来の稽古ではありませんから、決まり切ったカリキュラムはありません。
とにかく「動く」!
動きまくるのみです!!

そして、この日初めて本番用の吟に合わせて舞ったりもしました。


まだまだ「合わせる」ことで一杯のようですが、明らかにこれまでとは違う余裕のようなものが表情に出るようになりましたね。

ここまでくれば、今のお弟子さんたちなら一気に加速していくことでしょう。


彼女達が必死に舞っている姿を見ていると、今まさに自分たちの流派そのものが成長していっているように感じます。

おのずと大きな希望を期待してしまいますね(^^
←←   前のページ  HOME  次のページ   →→
Copyright(C) 宗家 勝風   All Rights Reserved.
忍者ブログ*[PR]
blogdesigned by 福井めい