忍者ブログ
プロフィール
HN:
宗家 勝風  
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1976/03/03
職業:
流派宗家です
趣味:
もちろん「剣武」!
自己紹介:
 長崎の地で剣武(剣舞)道「勝風神刀流剣武術」の三代目宗家を務めさせていただいております三木 勝風と申します。
お弟子さん達と共に芸の高みを目指し、日々精進しております。
入門者募集中です!!
自己鍛錬として、また趣味・エクササイズとして、日本の伝統芸能である「剣舞」を共に身につけてみませんか?
小さなお子様からご年配の方まで、それぞれに合わせた指導を致します。
*見学も随時受付けております。

●大手町教室
●神の島教室
●式見教室

お問い合わせはこちらから



カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
[26]  [27]  [28]  [29]  [30]  [31]  [32]  [33]  [34]  [35]  [36
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日付で言うと昨日になりますが、佐賀県鳥栖市で行われた「第1回 コロムビア剣詩舞道コンクール九州・四国・山口地区大会」において、当流派の代表、細田 佳那(雅号:祥佳)が幼・少年の部で見事優勝!
しかも剣舞・詩舞を含めた参加者全員の中から選ばれる決勝大会への代表3名のうちの一人に選ばれました!!


詳細は後日ホームページ上に特集コーナーを作るつもりですが、とにかくやってくれました♪



もう今は頭の中が興奮の坩堝!
スリーセブンの大フィーバー!
感動の嵐です!!


やったど~~~!


今夜のビールは絶品です(^^
PR
今日はコロムビアコンクール前の最後のお稽古でした。

あえて本番前なので必要以上に緊張感やプレッシャーを与えてお稽古に臨ませましたが、お弟子さんはこれまでの2ヶ月間の成果を1度きりの舞に見事に表現してくれました。


これまでの色んな不安や悩みを一気に払拭してくれるほどに、それは本当に「集大成」という言葉が相応しいもので、振り付けて指導をした私自身、心から満足させていただきました。  
感謝です。



本番は今度の日曜です。
結果はどのように転ぶかはわかりませんが、お弟子さんと共に私は胸を張って行くことが出来ます(^^

気分最高です!!
いよいよコロムビアコンクールも1週間後となりました。

5月にこのお話を頂いて、あっという間に2ヶ月が経ってしまいました。


全く未知数で、何もかもがわからないままの状態でここまで来ましたが、それでもお弟子さんは私が作った振り付けをしっかりと身につけてくれ、先日の土曜のお稽古では本当に納得いくかたちにしてくれました。


もう私からは今の段階でお弟子さんに技術面などで求めるものはありません。
限られた時間の中でたどり着ける最高の場所に来ていると信じているからです。


後は本人の自己管理のみ!

今持っている技術を最高のかたちで発揮するには最高のコンディションが必要です。

どうか無事に1週間が過ぎますように!

災難は私が全て請け負いますので・・・
神様お願い!!
今日はお稽古日でした。


お弟子さんたちの振り付けもそれぞれほぼ完成形に近づき、後は自分たち自身のこだわりでどこまで技を昇華できるか!?というところまできました。


振り付けを作った側としては、こうして一つ一つをお弟子さんたちが形にしてくれ、更に高みへと持っていこうとする姿は本当に嬉しいものです。


ところで今日詩吟部への入部希望者が1名増えました
お弟子さんの御祖母さんです。

発足以来順調に伸びてきている詩吟部・・・・


入部希望のお話を聞いた時、組織として人が増えるという喜びと同時に、このままいくといずれ勝風神刀流剣武術は勝風神刀流吟詠術に変わっちゃうんじゃないかと一抹の不安がよぎった小心者の宗家でした(^^;


剣舞頑張らなきゃ!!
一昨日のお話になりますが、お弟子さんの一人が今度ご親戚の結婚式の余興で剣舞を披露することになっており、会場を下見するということでしたので、私も現地合流という形で同行しました。

というのも、この会場というのが我が家から目と鼻の先。
バイクでしたら10分程度の所なんです。

それに、このお弟子さんにとっては初めての一人舞台なんです。

普段のお稽古ではしっかりと振り付けを体に叩き込んでいるとはいえ、場所が変われば当然緊張もするでしょうし、まして結婚式会場は普段の舞台とは違い、一種独特の雰囲気がありますからね。


しかも今回の会場にはステージのような物がなく、テーブルなどと同じ目線の高さで、壁側の余ったスペースを・・・とのことでしたが、これではちょっと狭すぎますし、それ以上に頑張ってお稽古しているお弟子さんの初の一人舞台の場所としてはちょっと寂しい・・・


と思っていると、高砂の後ろにオープンデッキがあり、ここも使用可能とのこと!

このオープンデッキは剣舞を舞うには十分なスペースもあり、雨天時でも可動式の屋根があるので大丈夫!
迷うことなく「ここでお願いします!」と言っちゃいました。


ちょうどお弟子さんから刀も預かっておりましたので、それを使ってテラスで簡単に振り付けを動いてみて最終確認。
問題ないようです!


この日は私は別件の用事があるので見ることは叶いませんが、結婚式という晴の舞台できっと初の一人舞という、お弟子さん自身にとっての晴の舞台を勤め上げてくれることでしょう。
←←   前のページ  HOME  次のページ   →→
忍者ブログ*[PR]