忍者ブログ
プロフィール
HN:
宗家 勝風  
年齢:
41
性別:
男性
誕生日:
1976/03/03
職業:
流派宗家です
趣味:
もちろん「剣武」!
自己紹介:
 長崎の地で剣武(剣舞)道「勝風神刀流剣武術」の三代目宗家を務めさせていただいております三木 勝風と申します。
お弟子さん達と共に芸の高みを目指し、日々精進しております。
入門者募集中です!!
自己鍛錬として、また趣味・エクササイズとして、日本の伝統芸能である「剣舞」を共に身につけてみませんか?
小さなお子様からご年配の方まで、それぞれに合わせた指導を致します。
*見学も随時受付けております。

●大手町教室
●神の島教室
●式見教室

お問い合わせはこちらから



カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
[3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13
本日、私どもの流派「勝風神刀流剣武術」は創立62周年を迎えました。

これもひとえに日頃から剣武道に精進するお弟子さん達、そしてそんな私達を支えて下さる方々のお陰です。

流派宗家として、またこの日を無事に迎えることが出来たことを心より感謝いたします。


本当に皆さま有難うございます。



初代が一念発起して始めた流派。



その歴史は今も確実に歩み続けています。


そしてこの先をその道はずっと続いていくことでしょう。




関係各位の皆様、これからもどうぞよろしくお願いいたします。


PR
昨日は通常のお稽古と同時に、年に1回の昇級、そして私の体制下では初めての昇格式でした。



昨年の昇級式から1年、それぞれがしっかりと頑張ってまた一つ上の級に上がったお弟子さん達。




そして今年の9月に行っていた昇格試験で合格し、晴れて職格「初伝」という立場になったお弟子さん。



流石に私も自分の手から初めて「初伝」の許可状を渡す時は(正確には数日前から・・・)緊張しました。



「初伝」という名の権利と、そしてそれ以上の責任を背負わせること、その重みを実感するとともに、自分の目の前に居るお弟子さんの入門当初の姿と、そこからの歩みを思い浮かべ、ここまで辿り着いてくれたことへの喜び・・・


色んな感情が入り混じりました。



また一つ、私達は前に進みました。


それぞれがしっかりと己が誇りと責任を感じ、これからも精進して下さい。



昇級ならびに昇格したお弟子さん達、本当におめでとう!!


少し前に書いていた「進行中の嬉しいこと」が実現しました。



我が流派の剣武部に新しいお弟子さんが加わったのです。




久方ぶりの事に嬉しさが溢れてきます(^^♪




同時に神の島教室も本日からスタート。


町内の民宿の大広間を借りて行うことになってます。


改めて剣武を基礎中の基礎から伝えていくことになりますが、私自身にとってもまた一から自分自身を鍛え直すくらいのつもりで、新しいお弟子さんと共に頑張っていかなければと改めて思いました。




今週末には式見ふるさとまつりも控えています。



もう一度心の鉢巻をしめ直す良き機会です!



とはいっても、先日ここでも書きました縁日の亀(ミドリガメ)です。


名前は「ひなた」(娘が命名)

現在500円玉弱のサイズ



今日やっと良い感じの写真が撮れたので、剣武とは全くもって関係ありませんがアップさせて下さい。


決して「亀の飼育ブログ」という方向には行きませんから・・・多分。


24.10.15-2.JPG
初めまして、ひなたです!



まだ我が家の環境に慣れておらず、私達が近づくとすぐに逃げるので、この写真も家の中なのに望遠レンズを使用してます(^^;




この子が懐くのはいつのことやら・・・




本日は長崎くんち中日。

見事に晴天です。



さて、本当は昨日行く予定だったお旅所へのお参りでしたが、あまりの混雑ぶりに諦め、本日再度出直しです。



その前に、私が個人的にくんちの穴場スポットと思っている公会堂前へ朝一から直行です。



ここではもちろん奉納踊り自体は見れませんが、出番前の独特の雰囲気が味わえて、私は好きです。


車を停めて待っていると、早速魚の町がやってきました。



昨日の傘鉾パレードとは違って、手が届きそうなほどの場所にあります。

この魚の町の傘鉾は長崎市の文化財に指定されてますからね。

それを惜しげもなく披露するどころか、グルグル回しまくるんですから、実に贅沢なお祭りです。

IMG_6171.JPG



本番直前に気合いを入れる根引き衆。


こんなシーンもこの場所ならでは!

IMG_6177.JPG



ふと公会堂の方に目をやると



出番前に壁にもたれかかり龍がくつろいでました(^^

IMG_6183.JPG





その後、出番となり担がれていく龍。

「・・・まだ眠いんだけど・・・・zzzz」という声が聞こえた様な・・聞こえないような・・・


IMG_6201.JPG




しかしさすが龍さんです!

いざとなるとその力強い眼差しがキラリと光ります。


IMG_6204.JPG
「やったるで~~!」キラリ



・・・という感じがしませんか(^^



やがて傘鉾の待機場所にも朝日が当たるようになると、飾りも一層輝きを増してきます。



IMG_6221.JPG



これは毎年思うことですが、これから出番という時でも傘鉾の担ぎ手や踊り町の皆さんは写真撮影に快く応じてくれます。

お陰でウチの娘は毎年素敵な記念写真を写すことが出来てます。



皆さんの心意気に本当に感謝です。




公会堂の後はお旅所に行く前に近くのチヂワビル前により、今博多の本踊りと玉園の獅子踊りを見物。



今年はこの獅子踊りが個人的にはハマりましたね。



IMG_6265.JPG

思わず「うわぁ~~~!」と声が出てしまうほどアクロバティックな動きと、見事なまでに表現された生き物のような動き。


豪快さと繊細さが魅せる素晴らしい舞です。


IMG_6254.JPG

子ども達も最高です(^^




この後、やっと本来の目的の御旅所に行き、お参りをすませ、はしまき・肉巻きおにぎり・梅ヶ枝餅・焼き鳥を堪能してきました(^^












「独り言」をご覧の皆さまへのメッセージ・・・

 剣舞は決して敷居の高い世界ではございません。
 見学からでももちろん結構です。 
 ささやかな好奇心がきっかけでも結構です!
 もしこのブログで剣舞に興味を持っていただけたら、是非
 共に同じ「剣舞の道」の高みを目指し頑張りましょう!




剣舞ってそもそも何?」

剣舞についてもっともっと知りたい!!」

剣舞を実際にやってみたい!!!」


・・・という皆さまはどうぞこちらへ

      

当流派のホームページです。








←←   前のページ  HOME  次のページ   →→
Copyright(C) 宗家 勝風   All Rights Reserved.
忍者ブログ*[PR]
blogdesigned by 福井めい