忍者ブログ
プロフィール
HN:
宗家 勝風  
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1976/03/03
職業:
流派宗家です
趣味:
もちろん「剣武」!
自己紹介:
 長崎の地で剣武(剣舞)道「勝風神刀流剣武術」の三代目宗家を務めさせていただいております三木 勝風と申します。
お弟子さん達と共に芸の高みを目指し、日々精進しております。
入門者募集中です!!
自己鍛錬として、また趣味・エクササイズとして、日本の伝統芸能である「剣舞」を共に身につけてみませんか?
小さなお子様からご年配の方まで、それぞれに合わせた指導を致します。
*見学も随時受付けております。

●大手町教室
●神の島教室
●式見教室

お問い合わせはこちらから



カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
[4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は長崎の秋の恒例行事「長崎くんち」の前日です。



個人的にも好きですが、流派としても非常に縁の深いこのお祭り。


早速家族と共に行ってまいりました。




普段は朝一から行くのですが、今回は仕事の都合上お昼からしか動けませんでしたので、おもにお下りとその後の傘鉾パレードメインで動きました。



非常に混雑する中、なんとか近隣に車を停め、市役所通りの県庁前付近(まぎらわしい・・・)で待つこと約一時間。


先導の猿田彦に続き、3社のご神体が入ったお神輿と神輿守り、そして年番町の行列がやってきました。


ここには昨年娘と共に参加したばかりなので、非常に感極まるものがあります。



ここらで画像が欲しいところですが、お神輿にお賽銭を投げるのに必死で、写真は撮れてません(^^;




その後からやってきたのが各踊り町の傘鉾によるパレード。


今年は5カ町のみの参加ですが、それでも十分に圧巻です。


まずは今博多町


P1040724.JPG

ことしはこの傘鉾の模型も製作したので、特別な気分(^^


次に魚の町

P1040725.JPG

これは7年前、それこそこれまでの中で1番最初に模型をつくった傘鉾です。


そして玉園町


P1040726.JPG




江戸町

P1040729.JPG




最後に籠町

P1040730.JPG

ここも作ったなぁ





極めつけは一斉に回るところ。


全部はさすがに人がごった返していて撮れませんでしたが、どうにか籠町の目の前をゲット!



勢いよく回る姿を肌で感じるくらいの距離で見てきました。

P1040740.JPG

豪快です!!




各踊り町の出し物はもちろん素晴らしいですが、傘鉾も非常に魅力的でした♪








「独り言」をご覧の皆さまへのメッセージ・・・

 剣舞は決して敷居の高い世界ではございません。
 見学からでももちろん結構です。 
 ささやかな好奇心がきっかけでも結構です!
 もしこのブログで剣舞に興味を持っていただけたら、是非
 共に同じ「剣舞の道」の高みを目指し頑張りましょう!




剣舞ってそもそも何?」

剣舞についてもっともっと知りたい!!」

剣舞を実際にやってみたい!!!」


・・・という皆さまはどうぞこちらへ

      

当流派のホームページです。








PR
昨日はグランドパレス諫早にて行われた「長崎県総連創立35周年記念吟剣詩舞道祭」に行ってまいりました。



九州各県の理事長先生や九連協の先生方も来賓としてお越しいただき、普段の舞台とはまた違った緊張感の元、私自身も構成吟の中で「富士に祈る」を舞わせていただきました。




今回はもちろん1曲のみの出演でしたが、この舞台はきっと多くの収穫をもたらし、それは更にこれから先の成長に繋がる・・・そんな期待を抱かされました。



本当に素晴らしかったです。



緊張や経験は乗り越えた時に力になります。



評価は次の高みへ昇るための翼となり、また同時にプレッシャーにもなります。




この舞台を創るために関わった全ての人に感謝します。



皆さん、本当にお疲れさまでした。






追伸:昨日のビールは激美味でした(^^♪







「独り言」をご覧の皆さまへのメッセージ・・・

 剣舞は決して敷居の高い世界ではございません。
 見学からでももちろん結構です。 
 ささやかな好奇心がきっかけでも結構です!
 もしこのブログで剣舞に興味を持っていただけたら、是非
 共に同じ「剣舞の道」の高みを目指し頑張りましょう!




剣舞ってそもそも何?」

剣舞についてもっともっと知りたい!!」

剣舞を実際にやってみたい!!!」


・・・という皆さまはどうぞこちらへ

      

当流派のホームページです。








昨日は私も地元である長崎市神ノ島町にある池之神社の秋祭りで娘と共に剣舞を奉納してまいりました。


娘は初めての参加だった昨年が結局全く動けないままでしたが、今回はしっかりと「太田道灌蓑を借るの図に題す」を私の吟と共に舞い切りました。


私ももちろん舞いましたが、周りの人たちが私を幼いころから見てきたような方たちばかりですので、正直・・・・ちょっとやりにくさを感じますね(^^;



それでも普段の舞台とは違って、神前で舞を奉納させていただくということは大変有難いことですので、今年もしっかりと務めを果たさせていただき本当に嬉しいです。


娘を今回は満足そうな顔をしていました。




IMG_6047.JPG



親子共演でございます











「独り言」をご覧の皆さまへのメッセージ・・・

 剣舞は決して敷居の高い世界ではございません。
 見学からでももちろん結構です。 
 ささやかな好奇心がきっかけでも結構です!
 もしこのブログで剣舞に興味を持っていただけたら、是非
 共に同じ「剣舞の道」の高みを目指し頑張りましょう!




剣舞ってそもそも何?」

剣舞についてもっともっと知りたい!!」

剣舞を実際にやってみたい!!!」


・・・という皆さまはどうぞこちらへ

      

当流派のホームページです。














今月も後半になり、ここからは毎週日曜日に舞台が続きます。


当流派のホームページでも紹介していますが、来週の日曜日には私の地元の神社で剣舞の奉納。


その翌週には長崎剣詩舞道総連盟の35周年記念大会が諫早市で行われます。




以前にも書きましたが、宗家という立場になってからは自分の分よりもお弟子さん達の舞台が心の中心になってしまったため、今度のように自分の舞台は緊張はしますが、やはり喜びも感じます。



舞台に寄せる期待や願望、そこから生まれる緊張感や不安感、そしてそれを乗り越えてみせようとする意気込み・・・



舞台にまつわる感情は全て好きです。


ここからの約2週間は目まぐるしく感情が入れ替わるでしょう。



精一杯この感覚を楽しもうと思います。



もちろんお稽古も頑張ります(^^









「独り言」をご覧の皆さまへのメッセージ・・・

 剣舞は決して敷居の高い世界ではございません。
 見学からでももちろん結構です。 
 ささやかな好奇心がきっかけでも結構です!
 もしこのブログで剣舞に興味を持っていただけたら、是非
 共に同じ「剣舞の道」の高みを目指し頑張りましょう!




剣舞ってそもそも何?」

剣舞についてもっともっと知りたい!!」

剣舞を実際にやってみたい!!!」


・・・という皆さまはどうぞこちらへ

      

当流派のホームページです。



皆さま、本日のお昼の放送はご覧になられましたか?


当流派大手町教室がNIBの「ひるじげドン」あの街この街のコーナーで紹介されました。



NIBひるじげドン 9/8放送内容
http://www.nib.jp/hirujige/oalist/log/oadate/20120908.html


NIBひるじげドン ホームページ





1か所ガツン!と間違いがありましたけど・・・

注:わかった方はコメントに解答をお願いします


全体的に面白い演出もあって、どうしても堅苦しく思われがちな剣舞を楽しく表現していただけたのではないかと思います。


お弟子さん達も普段のあどけなさと、お稽古時の真剣な表情の両方が実に対照的に見ることが出来て、私から見ても新鮮さを覚えました。


そしてしっかりと自分の意思を自分の言葉で応えている姿には、お稽古の時とはまた違った「成長」を感じ、嬉しくなりました。



NIBならびにひるじげドンスタッフの皆さま、この度は本当にありがとうございました。

流派を代表し、改めて御礼申し上げます。







「独り言」をご覧の皆さまへのメッセージ・・・

 剣舞は決して敷居の高い世界ではございません。
 見学からでももちろん結構です。 
 ささやかな好奇心がきっかけでも結構です!
 もしこのブログで剣舞に興味を持っていただけたら、是非
 共に同じ「剣舞の道」の高みを目指し頑張りましょう!




剣舞ってそもそも何?」

剣舞についてもっともっと知りたい!!」

剣舞を実際にやってみたい!!!」


・・・という皆さまはどうぞこちらへ

      

当流派のホームページです。






←←   前のページ  HOME  次のページ   →→
忍者ブログ*[PR]